自然農・有機農とは

自然農法の提唱者としては以下の方がいらっしゃいます。

岡田茂吉先生…無農薬・無肥料

福岡正信先生…不耕起、無肥料、無農薬、無除草剤

川口由一先生…不耕起、無肥料(持ち込まず持ちださない)、無農薬、無除草剤、草や虫を敵としない

 

その他、藤井平司氏の「天然農法」、木村秋則氏の「自然栽培」、林幸美氏の「炭素循環農法」、赤峰勝人氏の「循環農法」などが自然農法の手法として有名です。

 

また、有機農法は化学肥料を使用しない、遺伝子組み換えの種を使用しない、環境を害しない農法と定義されています。

もちろん、遺伝子組み替えの種子は、自然農法でも使われることはありません。

自然農法、有機農法とも人工的な化学生成物を一切耕作地にいれないことなど自然由来のもので栽培することには変わりません。

環境を整えてさえあげれば成長に必要な栄養素は、自然環境の循環の中で生成され、有害なものは消滅し、病気や害虫の脅威回避されると考えるのが自然農法で、成長に必要な栄養素や、病気や害虫の脅威を回避するよう手助けしたりの中で足りないものを補うのが有機農法です。

具体的には堆肥や肥料を入れるかいれないかです。

自然農法は入れませんが、有機農法はたい肥や肥料などを自然由来のもので環境を整えます。

 

どちらもほぼ同じように自然バランスを大切に考えますが、自然農法の方がより自然の力にゆだねるので有機農法より最適な状態になるのに時間がかかる可能性が高いということが言えるかと思います。

156486518_245040580623018_72065425683445

〒391-0114 長野県諏訪郡原村第2ペンションビレッジ17217-1704「レジオン八ヶ岳」内  ☎ 0266-55-8724

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now